記事中に林田がお勧めするアイテムやサービスの広告が含まれる場合があります

滑革(ヌメ革)生成りのカバンを馬油でメンテナンスする方法

道具のはなし

革アイテムのメンテナンスの話ね。

10年くらい前かな、アメ横でゲットした生成りのヌメ革と帆布でできたカバンを使ってる。

あまりカバンを持ち歩く用事は無いんだけど、子の幼稚園や小学校の行事とかですかね。

ハンカチとティッシュとお金と電話と、あとはその時々の小物を持ち出すためのカバン。

これが元々生成りのヌメ革だったんだけど全然メンテしてないのでだいぶヤレてきていたのでそれを目メンテナンスしていきます。

スポンサーリンク

ヌメ革のバッグ 現状を確認

雨に濡れたのが原因なんだけど、まあ、ね。シミだね。

シミだったり乾燥だったり。
接写。カサカサだね。

これをメンテナンスしていきます。

馬油を塗り込んでいく

でこの生成りの革部分に馬油を塗り込んでいきます。

馬油、最初の塗り始めほんとにドキッとするんだよね。

ひえー!!

これほんと写真見ててもドキッとする。

使ってる馬油はこういう馬油100%のやつ。

↑こういうの。馬油100%が良いよ。

完成

ヌメ革は馬油をとても吸収するので多めに塗りたくってください。

するとこんな感じに仕上がります。

塗った。

いいね。良さそう。

帆布も少し傷んできてる感じあるのかな。

帆布のこのやれた感じってどうすれば良いんやろ。

良くなった。

カッサカサだと痛みも早くなるのでね。

適度なメンテナンスが大事。

このバッグ、タフだし登場頻度少ないし爺さんになるまで使えそう。またね〜。

コメント

タイトルとURLをコピーしました